ハイドロキノンは美白効果が高い!副作用は?

シミ・黒ずみ予防対策会議
Home » シミ黒ずみ予防 » ハイドロキノンは美白効果が高い!副作用は?
シミ黒ずみ予防 | 08月08日更新

ハイドロキノンは美白効果が高い!副作用は?

非常に高い美白効果があるとして今注目されている成分に、ハイドロキノンがあります。
このハイドロキノンは美白効果があるとうたわれている美白化粧品に良く含まれている成分なんですね。

ハイドロキノンについてですが、ハイドロキノンはメラニン色素を作り出す合成する作用を持っているチロシナーゼという酵素を抑制してくれる成分となります。
ですので結果としてお肌のシミやくすみの原因となってしまうメラニン色素が作り出されることを抑制するということにつながります。
非常に効果が高いんですが、最近までは実はこのハイドロキノンは使用が禁止されていました。
ですが最近になって厚生労働省からの使用許可が下りたので多くの美白化粧品に使用されるようになったのです。

そんなハイドロキノンですが、ハイドロキノンの使用によって副作用が出てしまうという噂も耳にしました。
それって本当なのでしょうか。
ハイドロキノンの副作用としてお肌に赤みが出てしまうということがあげられます。

ハイドロキノンの配合濃度の高いものを使用することによってお肌の内部までハイドロキノンが入り込み炎症を起こしてしまい赤みが出てしまうというケースが出るようなんです。
ハイドロキノンクリームは通常正しい使用方法で使用していればそのような赤みが出てしまうというようなことはないんですが、間違った使い方をしてしまったことによって副作用として赤みが出てしまったり、また白斑が起こってしまう可能性も出てきてしまうようです。
どのような物でも適切な使い方をしなければ発生してしまうというデメリットはあります。
ハイドロキノンに関してのデメリットがその赤みや白斑といった副作用だったんですね。
ではどういった使い方が間違った使い方で、正しい使い方とはいったいどういったものなのでしょうか。

まず正しい使い方というかハイドロキノンクリームの選び方ですが、濃度に注意することが大切なんです。
濃度が濃ければ濃いほど効果は高まりますが、それ以上に副作用が強く出てしまう可能性が高いです。
ですので濃度は少しずつ上げていくということが理想的になります。
最初は少し、そしてちょっとずつ上げていくことによって、副作用が強く出ることはありません。

また量についてもつけすぎはよくないです。
付ければ付けるだけよさそうな感じはするのですが、実はそんなことはなく、適量を使用するということが一番大切なポイントになります。
つけすぎてしまうことで副作用が発生してしまう可能性があります。

top