美白ボディクリームは塗り方で効果が違う

シミ・黒ずみ予防対策会議
Home » シミ黒ずみ予防 » 美白ボディクリームは塗り方で効果が違う
シミ黒ずみ予防 | 08月08日更新

美白ボディクリームは塗り方で効果が違う

ボディのシミや黒ずみを改善してくれる効果を持っている美白効果のある美白ボディクリームなんですが、実は塗り方についても効果的な塗り方ってあるんですね。
正しい塗り方で使用することでより高い効果を得ることができます。

美白効果のあるボディクリームって決して安いものではないんですね。
ですので同じお値段を支払って同じボディクリームを使用するのであれば、少しでも効果が高く出てくれる方がいいです。
使い方、塗り方を少し変えるだけでより効果を実感することができるので、正しい塗り方での使用をおすすめします。
いくらお高い美白ボディクリームを使用したとしても使い方が間違っていればあまり効果は感じられないんです。
口コミでは効果があると評判なのに、使ってみても効果がなかなか出てくれない、それはもしかしたら塗り方が原因かもしれません。

ではその正しい塗り方とはどういった塗り方になるのでしょうか。
それはお風呂上りにすぐ塗ることなんですね。
どうしても乾燥している状態のお肌に塗るとなると、使用する量も多くなってしまいます。
ですのでお風呂上りの体が少し濡れていてお肌が柔らかくなっているような状態に使用するとよりよいでしょう。
お肌が少し濡れている状態がベストです。

水滴については軽く落としてからボディクリームを塗ってしまいましょう。
水分を含みながら塗ることで伸びも良くなりますのでコスパ的にもいいんですね。
最後にはタオルオフを行うものですが、その際にこすってしまわないように気を付けてください。
タオル等でこすってしまうとそれが摩擦になってお肌に対して大きな刺激、負担となってしまいます。
ですのでゆっくり押さえつけるようにしましょう。

またボディクリームの使用において、量は必ず適量を使用しましょう。
少なすぎると結果足りていなくてお肌が乾燥してしまう原因となります。
1つのパーツごとに塗っていってほしいのですが、そのパーツごとに500円玉ぐらいの大きさのクリームを手に取って塗っていくようにしましょう。
お肌によっては特に乾燥しやすい部位があると思うのですが、その部位に関しては少し多めに塗るようにした方がいいです。
重ね付けをするなどして、しっかりとケアしてあげてください。

top